• SALE
  • 公式オンラインストアなら特典もりだくさん!
  • ポイント5倍フェア
  • バースデーチケット
アクセサリーを「素材」で選んでみる!あなたに合った「素材」選びと、金属アレルギーについて

「 素材 」を知って、
アクセサリー選びをもっと楽しく♪


アクセサリーを選ぶ時、何を重視していますか?

かわいいデザインが溢れてる今の時代だからこそ、
「 素材 」もアクセサリー選びの1つのポイントとするのも◎

あなたのライフスタイルに合ったアクセサリーの"素材"を、
一緒に探してみましょう♪

   

【誰もが発症する可能性アリ!?】
意外と知らない「金属アレルギー 」について

シルバーアクセ


「金属アレルギー」とは...肌に触れている金属部分から汗によってイオンが溶け出し、
体内にはないタンパク質が出来上がり、それを異物としてみなすことで、
体が拒否反応を起こし発症するアレルギー反応です。

日本人の10人に1人が発症している身近なアレルギー
発症するタイミングは様々で、大人になって発症する場合もあります。
だからこそ、アクセサリーの素材について知っておきたいですね!

図1
※アレルギーは個人差があり、上図は一般的な目安です。
※上図の素材以外でも、アレルギーの反応を起こす場合がございます。



一般的に、金属アレルギーの大きな原因とされている素材は、「ニッケル」です。
ニッケルについては、以降トピックで紹介します♪






ゴールドアクセ


[※図1]をもとに、サンポーオンラインがオススメする、
肌に優しいアクセサリーを素材ごとにご紹介します♪


肌に優しい素材①【チタン】




耐久性と軽さを兼ね備え、医療器具にも用いられる、肌に優しい「 チタン 」。

ダークトーンの落ち着いた雰囲気が、クールな印象に仕上げます。










肌に優しい素材②【ステンレスIP】




「 ステンレス 」素材に、「 IP(イオンプレーティング)コーティング 」を施した、
安全性の高い "ステンレスIP" シリーズ。

アレルギーフリー・変色防止仕上げを施した、リリースしたばかりの注目の新素材!










肌に優しい素材③【14金ゴールドフィルド】




14金を圧着させた、美しい仕上がりが特徴の「 14金ゴールドフィルド 」。

メッキコーティングのものよりも表面の金が厚く、耐久性に優れています。










肌に優しい素材④【18金・10金】




柔らかなゴールドの色合いと、色あせない輝きが魅力の "18金・10金" 。

繊細なデザインが女性らしい雰囲気に仕上げ、ギフトにもおすすめ。










肌に優しい素材⑤【シルバー925】




肌馴染みのよい輝きと、使うほど味のある風合いを楽しめる、「 silver925 」。

涼しげな印象をあたえるシルバーカラーは、これからの季節に取り入れたい。










ニッケルフリー


まず、「ニッケル」とは鉄族元素の一つです。
ちなみに、50円硬貨はニッケルを100%使用しています。
耐久性と強度に優れ、錆びにくい性質を持っていますが、
アレルギーを起こす人の大半の原因が「ニッケル」といわれています。

「ニッケルフリー」とは、"メッキ"の中に含まれる「ニッケル」の量が
規定数値内で少ないこと
を意味します。

ANEMONE・mimi33のメッキを施したアクセサリーの大半が、
「ニッケルフリー」のメッキでコーティングしています。
毎日、使うアクセサリーは肌に優しいものを着用したいですね!


メッキの図


「メッキ」を簡単に説明すると、下の図のように地になる"素地"に金やロジウムを薄く "コーティング"していることです。
腐食やサビ防止、美しくみせる効果がありますが、
汗や皮脂などによる外的な要因で、メッキの剥がれや変色が起こる場合もあります。








変色しにくい


肌に優しい素材としてご紹介した、チタンステンレスIP
14金ゴールドフィルド18金・10金は、変色や腐食を起こしにくいです。

また、通常のメッキより厚くメッキを施した厚メッキ のアイテムも、
通常メッキを施したアクセサリーよりも永く輝きを楽しめます。









お手入れ方法


大切なアクセサリーが変色してしまった経験はありませんか?
変色や腐食を防ぐために大事なことは、お手入れ保管方法です。

アクセサリーを外したら、柔らかい布で皮脂や汗を拭き取ります
金属アレルギーを引き起こしてしまう原因のひとつは、汗によって金属成分が溶け出してしまうことです。

肌に直接触れるアクセサリーを清潔な状態に保つことは、とても重要です。
金メッキのアクセサリーは、必ず研磨剤の入っていない布を使用するようにしてください。

保管方法については、できるだけ空気の触れないようにチャック付きポリ袋などに入れて保管することをオススメします。


アクセサリークロスはこちら